Sunny Life in Na
since 2003,11,21

トップ  自己紹介  日記  掲示板  テキスト  写真   カナダ  リンク  メール


■ゲイであることに誇りを?

自分がゲイでいようって決めたのは
自分の事ゲイだって言い切ったほうが楽だからってのもある。

女とも無いとは言い切れないけど
言い切ったほうがいろい悩まないで済むかなって思ったから

ゲイであることに不満とかはまったく無いけど
誇りを持てるかって言ったらよく分からない。

ゲイだとかのんけだとかそんなことは本当はどうでもいい

ただ人間を好きになるだけ。

人が何かを型にはめようとするのは、そうするのが楽だからだと思う。

ゲイだから違うんだ
のんけのようには行かないとか
浮気は仕方ないとか
SFも当然、発展場ってなに?

これって何?諦めなの?
結局自分達で自身をゲイって言う型にはめ込んで
差別してるんじゃないかとも思う

ゲイだからしょうがないとか
そんな子供じみた言い訳ダメなんじゃないかって

もしもゲイであることに誇りをの"ゲイ"がこういう意味でのゲイなら
誇りなんて持てるわけも無い
むしろ自己嫌悪の塊みたいなものになってしまう。

なんかまとまり無いけど・・・

自分をカテゴライズするのは好きにはなれないってこと
なんか可能性をつぶしてるように思えてしまうから
ひとつの枠にはめ込むことで自分の限界を決めてるように思えるから。



これはきっと自分へのメッセージだね。
それでもゲイだって言ってる自分はかなり矛盾な馬鹿だね。

Copyright(c) 2004 Sunny Life All Rights Reserved.

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー